齋藤 昇(SAITO Noboru)

最終学歴

名古屋大学大学院農学研究科(農学博士)

教育のキーワード

動物生理学、動物形態学、家畜生理学

担当授業例

Animal Production Science, Animal Life Science, Food and Nutrition

授業の特徴

私も含めて農学部の応用動物科学コースの教員が、上記の3つの授業を担当しています。内容は、英語のBiologyをテキストとして用いて、動物に関する基本的な内容およびそれに関する基本的な生物に関する講義を行なっています。農学部でのマッチング・トラックにおいて卒業を目指す学生に対して、日本語で行うさらに応用的あるいは詳細な動物に関する講義への基盤となる授業科目として位置付けられています。

研究のキーワード

鳥類、性分化、浸透圧調節機構、遺伝子発現、胚発生、内分泌

主な研究業績

  • Mizushima S, Takagi S, Ono T, Atsumi Y, Tsukada A, Saito N, Sasanami T, Okabe M, Shimada K. (2010). Novel method of gene transfer in birds: intracytoplasmic sperm injection for green fluorescent protein expression in quail blastoderms. Biology of Reproduction. 83, 965-969.
  • Yoshimura K, Kinoshita K, Mizutani M, Matsuda Y, Saito N. (2012) Inheritance and developmental pattern of cerebral hernia in the crested polish chicken. Journal of Experimental Zoology Mol Dev Evol. 318B, 613-620.
  • Aste N, Sakamoto E, Kagami M, Saito N. (2013) Vasotocin-mRNA expression is sensitive to testosterone and oestradiol in the bed nucleus of the stria terminalis in female Japanese quail. Journal of Neuroendocrinology, 25, 811-825.
  • Saito N, Hirayama H, Yoshimura K, Atsumi Y, Mizutani M, Kinoshita K, Fujiwara A, Namikawa T. (2017) The muscular dystrophic chicken is hypernatremic, British Poultry Science, 58, 506-511.
  • Socha JK, Saito N, Wolak D, Sechman A, Hrabia A. (2018) Expression of aquaporin 4 in the chicken oviduct following tamoxifen treatment. Reproduction of domestic Animal, 53, 1339-1346.

ディスカバリー・プログラムの魅力

このプログラムは、既存の学部と異なり決められた枠がほとんどありません。そのためにこのプログラムに入学した学生は、様々なことに興味を持つ学生それぞれが自分でカリキュラムを組み立て、国内及び国外から集まった学生と一緒に勉強する非常に多様性を持ったプログラムです。