祭り

岡山ではさまざまなお祭りが行われ、四季の移ろいを楽しみ、心に残るイベントが繰り広げられます。友達を誘って出かけましょう!

お花見へ出かけよう

レジャーシートとカメラを持って、ピクニック♪

新学期が幕を開ける4月、桜色の世界が広がります。キャンパスでも桜は楽しめますが、岡山にはたくさんのお花見スポットがあります。岡山は、山側と海側で気候が大きく変わるため、何週にもわたってお花見を楽しめます。後楽園と岡山城を囲む旭川はバーベキューもできるとあって人気の場所。5000本の桜が咲き誇る津山城は、花見の名所として全国的に知られています。真庭市の醍醐桜は1000年以上前のものといわれ、海外からの観光客もたくさん訪れるそうです。

桃太郎祭りとうらじゃ

 

みんなで浴衣を着て、花火を観に行こう!

桃太郎祭

夏の岡山市は、たくさんのイベントで盛り上がります。8月に開催される桃太郎まつりは、岡山市最大のイベント。昼間は「うらじゃ」と呼ばれる踊りのパレードが繰り広げられます。参加者は独特なメイクや音楽、奇抜な衣装で観客を魅了。岡山大学の学生もグループや個人で参加しています。夜は旭川で花火大会を開催。浴衣姿で見物客と夜店の屋台の間を歩きながら、懐かしくロマンティックなひとときを楽しみましょう。後楽園の中から見る花火も綺麗ですよ。8月には、後楽園はライトアップされ、穏やかで幻想的な雰囲気に包まれています。仲秋の名月には、素晴らしい風景が楽しめます。

瀬戸内の島々の音楽フェス

音楽を聴きに行ったのに、一番楽しかったのはヨガのワークショップ!

夏から秋にかけて、瀬戸内の島々ではさまざまな音楽フェスが行われます。「100年続く」をコンセプトにした小豆島の「島フェス」は、音楽と食べ物が満喫できる音楽フェス。星空の下でのキャンプも楽しめる「牛窓ナチュラルキャンプ」は、ライブパフォーマンスはもちろん、ヨガやピンホールカメラ、スタンドアップパドルなどあらゆる種類のワークショップや、オーガニックフードの屋台が集まる音楽フェスです。過ごしやすい瀬戸内の天候の中、フェスを存分に楽しんで、キャンパスへ戻りましょう。

奇祭「裸祭り」

 

こんなお祭り、見たことない!

西大寺裸祭

毎年2月、岡山の西大寺で行われる「会陽」は、裸祭りとして知られる日本の三大奇祭の一つ。約500年の歴史があり、宝木 (しんぎ) といわれる神聖な木の棒を準備することから始まります。祭りの夜は、褌姿の数万人の男たちが集結。凍るような寒さの中、水をかけられて体を清めます。その後、宝木が彼らの中に投げ込まれ、争奪戦が始まります。宝木を手にした者は「福男」と呼ばれ、福が到来すると言われています。この奇祭を見るため、たくさんの観光客が訪れます。