物価

出典:総務省「小売物価統計調査(平成26年平均)」より

岡山では、大都会よりも経済的負担の軽い学生生活を過ごすことができます。。約150年の歴史ある学園都市・岡山は、治安がよく、気候も穏やかで快適。自然災害も少なくて、快適なキャンパスライフを満喫できます。

手頃な家賃で広い部屋

支出合計額 107,540円 117,930円

 

 

中国四国 全国平均
食費 22,730円 23,980円
住居費 45,200円 53,050円
交通費 1,910円 3,310円
教養娯楽費 8,490円 8,900円
書籍費 1,610円 1,820円
勉学費 1,400円 1,510円
日常費 5,340円 5,790円
電話代 4,290円 4,390円
その他 3,080円 3,040円
貯蓄・繰越 13,490円 12,140円

出典:Vsign 岡山大学生協「大学生活ハウマッチ」

私のアパートは部屋が3つもあります。東京だったらこんな生活できないかも?!

岡山大学の学生が暮らすアパートは、大都会に比べて家賃は半分で広さは倍と言われています。岡山は、日本でも家賃が安い都市であるといわれており、キャンパス周辺の学生向けアパートのほとんどには複数の部屋があります。学生向けのメニューがある店やレストランも多く、学生の経済的負担が少なく、住みやすい街になっています。

自転車でどこへでも!

近所のお店で買った中古自転車が大活躍!

東京の学生が1か月に使う交通費はなんと、岡山の学生が1か月に支払う家賃より高いそう。岡山市は平坦なので、歩きやすく、自転車での移動も楽々。だからあまり交通費がかかりません。岡山大学の2つのキャンパスはどちらも市の中心部からすぐ。駅南側の鹿田キャンパスと北に位置する津島キャンパスは自転車で15分ほどの距離です。もし自転車を持っていなくても大丈夫。簡単に自転車がレンタルできる「岡山市コミュニティサイクル“ももちゃり”」が市内各地に設置されています。学生割引 (1000円) がある1か月定期がお得ですよ。

出典:岡山大学Facebook「【キャンパス風景】「ももちゃり」の貸し出しスタート!」source:Facebook (OkayamaUniversity)

安くてヘルシーな食べ物

友達が作ったお野菜でお料理するのも楽しいかも

地元の生産者が育てた安全な野菜や果物が豊富に揃う岡山では、食費も安く抑えられます。キャンパスの周りには農学部で栽培された有機野菜が並ぶオーガニックショップやスーパーマーケットがあります。岡山大学生協の食堂には、安くてヘルシーなメニューが用意されています。土日も営業しており、学生の強い味方です。