大澤 貴美子(OSAWA Kimiko)

最終学歴

ウィスコンシン大学マディソン校 博士(政治学)

教育のキーワード

日本政治、ジェンダーと政治、比較政治

担当授業例

政治学入門、ジェンダーと政治

授業の特徴

政治学入門では主に教科書を使って政治学の基礎的な概念や理論を教えています。ジェンダーと政治では政治とジェンダーの相互関係を分析した理論的・実証的研究を教材として使います。どの授業でも、現実にある事象を分析することと、規範的な問いについて議論することの両方に取り組めるようにしています。

研究のキーワード

ジェンダーと政治、政治代表、政治運動

主な研究業績

  • Kimiko Osawa. 2019. “The ‘Silent Majority’ Speaks Out.” In Beyond the Gender Gap in Japan, ed. Gill Steel. Ann Arbor: University of Michigan Press: 121-134.
  • Kimiko Osawa and Jiso Yoon. 2019. “Who Represents Women and Why in the Tokyo Metropolitan Assembly.” Asian Journal of Women’s Studies 25 (3): 437-458.
  • 大澤貴美子. 2019「女性の『過少代表』問題をどう捉えるか―ジェンダーの視点から」『都市問題』第110巻第1号:44-53.
  • 大澤貴美子. 2019 「『政治分野における男女共同参画法』と参議院選挙」『 Voters 』No.49: 8-9.
  • Kimiko Osawa. 2015. “Traditional Gender Norms and Women’s Political Participation: How Conservative Women Engage in Political Activism in Japan.” Social Science Japan Journal, Vol. 18, Issue 1: 45-61.

ディスカバリー・プログラムの魅力

世界各国からの学生たちが、それぞれの経験や知識を持ち寄って学び合うこと、そしてその中で綺麗ごとだけでは済まない「多文化共生」の現実を体験できることが最大の魅力だと思っています。同時に、複数の学問分野を跨いでの学習によって、幅広い知識を身に着け自らの世界観を広げることが出来るカリキュラムも気に入っています。