第1次選抜(書類審査)について

  • HOME
  • 第1次選抜(書類審査)について

第1次選抜(書類審査)について

第1次選抜(書類審査)について

※「自己推薦書」の様式は,7月下旬公表予定の総合型選抜学生募集要項で確認してください。
※「自己推薦書」の中では,本プログラムでの学修計画について記入いただきます。本プログラムでどのようなことを学びたいかについて,本プログラム各学部のホームページなどを参考に, 具体的な学修計画を日本語や英語で,1ページの枠内に収まるように記入してください。図や表などを使ってもかまいません。また,作成に当たっては,以下のホームページも参考にしてください。
※参考ホームページ
「本プログラム」 https://discovery.okayama-u.ac.jp/en/about_discovery/courses/
「各学部」 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/faculty/index.html
「自己推薦書」の学修計画のサンプルは以下を参照してください。学修計画書のサンプルは,模範解答ではありません。なるべく複数のサンプルを見て,自分に合った表現を考えてください。 

(注) 2021年度からGDPの科目提供リストが更新されました。学修計画書サンプルには、旧名称が含まれていることもあります。

1. 「おお岡大」を世界に
2. 岡大でFeminist Ethnic Studiesを学びたい
3. 原発インタープリター
4. 多様性から学ぶ新しい未来像
5. 温暖化対策と動物

 

<文系>

○自己推薦書・調査書等の提出書類により書類審査を行います。
 自己推薦書では,主として次の点が評価されます。
 ・自分の意見や経験をまとめる論理的思考力を持っているか。
 ・相手に説得力を持ってわかりやすく伝える文章力を持っているか。
 ・これまでの経験に基づく考察と学修計画に一貫性があるか。
 ・グローバル・ディスカバリー・プログラムの特徴を生かした学修計画を立てているか。
 調査書と英語資格・検定試験の成績証明書では,主として次の点が評価されます。
 ・グローバル・ディスカバリー・プログラムで学ぶための英語能力を含む基礎学力があるか。

○志願者数が34人程度を超えた場合には,第1次選抜(書類審査)を行います。

○第1次選抜の合格者は,原則として,30人程度とします。

 

<理系>

○自己推薦書・調査書等の提出書類により書類審査を行います。
 自己推薦書では,主として次の点が評価されます。
 ・自分の意見や経験をまとめる論理的思考力を持っているか。
 ・相手に説得力を持ってわかりやすく伝える文章力を持っているか。
 ・これまでの経験に基づく考察と学修計画に一貫性があるか。
 ・グローバル・ディスカバリー・プログラムの特徴を生かした学修計画を立てているか。
 調査書と英語資格・検定試験の成績証明書では,主として次の点が評価されます。
 ・グローバル・ディスカバリー・プログラムで学ぶための英語能力を含む基礎学力があるか。

○志願者数が20人程度を超えた場合には,第1次選抜(書類審査)を行います。

○第1次選抜の合格者は,原則として,20人程度とします。